ホーム » 日記 » ココに注意!フレッツ光キャンペーン

ココに注意!フレッツ光キャンペーン

実際のクーポン額とそれぞれのオプション額は?



仮に、電気屋さんででフレッツ光を申し込んだ場合、そのクーポン額とフレッツ光の
額ってどれくらいになるのでしょうか。


まず、3万円のクーポンをもらうためには、リモートサポートやひかり電話などの
オプションに入る必要があります。オプションなしの場合はクーポン額は20,000円
に下がるとのことでした。


まず、フレッツ光自体の料金は戸建の場合で実質4,400円/月、集合住宅の場合で
2,650円/月です。この額はインターネットの使用状況によって、プランがいろいろと
選べるようです。


オプションのひかり電話の場合、月額使用料は基本プランで500円、付加サービスが
充実したプランの場合は1,500〜3,900円となります。


さらに、映像サービスの場合は、フレッツテレビで650円/月、U-NEXTで1,990円/月、
ひかりTVで3,150円/月、TSUTAYA Strickで7,000円/月です。


無線LAN関係で言えば、公衆無線LANサービスのフレッツ・スポットで200円/月、
フレッツおでかけパックで600〜1686円/月、光iフレーム2で500円/月、フレッツ・
ミルエネで200円/月です。


さらに、リモートサポートサービスが500円/月、フレッツ・ウイルスクリアが400円/月
です。


えっ!?そんなに掛かる?月々の使用料が跳ね上がる?



例えばNTT東日本の戸建ての家でフレッツ光にした場合で、オプションにひかり電話と
ひかりTVをつけた場合は、月額使用料は8050円/月となります。


オプションをつけることで、なんと3,650円も高くなってしまうんですね。1つ1つの
オプションはそれほど高くなくても、あれもこれもとつけてしまうと、月額の使用料は
跳ね上がってしまいます。


かと言って、オプションをつけなければクーポンの額も下がっちゃうし、と悩みどころ
です。でも、スタッフさんに聞いてみたところ、なんとオプションは契約時にはつけて
置かないといけないけれど、指定の期間が過ぎたら、外すことができるとのことです。


それなら、最初だけオプションをつけておいて、すぐ外せばクーポンも満額もらえるし
ラッキー!ッて感じですね。

解約を忘れないで! やり方が難しいと諦める人続出!



オプションは後日解除が可能ってことでしたが、ネットで調べてみると、そこも1つ
注意点だそうです。


というのは、オプションの解約手続きは当然お店の人はしてくれないので自分でしないと
いけません。幾つものオプションに入った場合はそれぞれのオプションごとに解約する
ための手続きのために書類を揃えないといけないとのことです。


そして、その手続もかなり煩雑。実際、途中で諦めて、そのままオプションを解約せずに
使い続けている人も多いそうです。


あとは、ホントは解約するつもりだったのにすっかり忘れてそのまま使い続けちゃう
パターンも。気に入って解約するのが惜しくなっちゃう場合も多いようです。確かに
1度便利なものを使っちゃうとなかなか抜け出せないですもんね…


私なりにまとめてみると、電気屋さんでのフレッツ光の加入は、自分で解約手続きや
プロバイダなどを選ぶ力がある、ある程度詳しい人ならばお得になりそうだと感じました。


よくわかんないからとりあえずオプション全部つけちゃった、なんて人はあとから
請求額を見てびっくりすることになるかもしれないので注意してくださいね。

Return to page top